曹洞宗の一周忌について

法事というのは宗教や宗派によってその内容というのはいろいろと変わってくるものです。
宗派が違えばマナーも違ってくるので、予めある程度知っておかないと恥をかいたりすることにもつながります。
例えば曹洞宗の一周忌に呼ばれたという際にはどのような点に気をつけるべきんおでしょうか。
曹洞宗というのは仏教の一つの宗派であり、禅宗の一つとされているものですね。
仏教の一つということで一周忌についても他の仏教とそう大きく変わる部分というのは特になさそうですね。
一般的な仏教の法事と同じように一周忌は亡くなった日の翌年の命日にお坊さんを呼んでお経をあげてもらいます。
その後は食事をするなどして解散といったところでしょう。
服装についても一般的な一周忌にふさわしい喪服が望ましいと思います。
身内だけで簡単に、ということであれば略式喪服や、おとなしい色のスーツなどでもよいかもしれませんね。
香典を持っていく場合ですが、表書きについてもどう書けばいいのか悩むことは多いですよね。
仏教の場合だと亡くなってから四十九日の法要までは「御霊前」と書きますが、四十九日以降は「御仏前」と書きます。
ですので一周忌の法要の際の香典の表書きは「御仏前」と書きましょう。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク