創価学会の三回忌について

お葬式が済んでも、その後も定期的に法事というものが行われますよね。
例えば初七日や四十九日、一周忌、三回忌といったものはよく耳にしますよね。
こういった法事というのは宗教や宗派によってその内容というのも変わってくるものです。
初めて参加する宗教や宗派だと予めしっておいた方が良いことというのもいろいろとありますよね。
例えば創価学会の三回忌の場合というのどういったものになるのでしょうか。
創価学会でも他の宗教や宗派と同じように故人の命日から二年後が三回忌ということになります。
ですが創価学会の場合、こういった年忌法要というのはについてはまとめて行うという方法になるようです。
こういった法事を行う会館で年忌法要にあたる方をまとめて回忌法要ということでとりおこなうようですね。
もちろん個人で行う三回忌の法要というのもあるでしょうけれど、大きな会館のようなところで行われるという場合だとこちらのケースになるということでしょうね。
その他、創価学会の三回忌については一般的な仏教の作法と大きく異なるようなところというのは特になさそうですね。
一般的なマナー、作法を心得ておけば特別困るようなことにはならないのではないでしょうか。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク