日蓮宗の法事について

誰かの法事に参加する際にはその宗教や宗派に合わせたマナーや作法を知っておいた方が良いですよね。
何も知らずに参加して恥をかきたくないですしね。
例えば日蓮宗の法事の場合はどういったものなのでしょうか。
日蓮宗というと仏教の一つですから、法事の内容やマナーについてもわりと一般的であり、特にこれといって他と異なるという点はあまりないようですね。
ですが、日蓮宗独自のものというのもいくつかはあるようです。
例えば法事の際には数珠というのも欠かせないアイテムの一つですが、
日蓮宗では二種類の数珠があるようです。
日蓮宗の数珠は装束数珠というものと勤行数珠という二種類に分けられます。
装束数珠というのは僧侶の方が使うものであり、一般の人が使うのは勤行数珠の方になります。
勤行数珠は房の部分が丸くなっているのが特徴で、房の長さも一般の方の場合は普通の長さの物を使い、僧侶の方はそれより長い物を用いるようですね。
こういった日蓮宗用の数珠があるわけですが、他の宗派の方なんかがわざわざその日のために用意するというようなものでもありません。
ですから、他の宗派の方であれば、よほどの事でも無い限りは一般的な数珠で参加しても問題ないでしょうね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク