日蓮宗での供物について

自分とは違う宗教や宗派のお葬式や法事、お墓参りなどに参加する際というのは、慣れていないといろいろとわからない部分も多いですよね。
例えば法事やお墓参りなどの際に持っていく供物についてもそうでしょう。
お墓や仏壇に供える供物というのはなんでも良いというわけではありませんから、それなりに考えて持っていく必要があるでしょう。
例えば日蓮宗の場合はどんな供物を持っていくのが良いのでしょうか。
日蓮宗は一般的な仏教の一つということですから、他とそう大きく違いがあるということもありません。
ですから一般的な供物であるお花や線香、お菓子や果物といったところが無難になるのではないでしょうか。
故人の生前の好物を持っていくというのも大いに有りなのですが、そうなると他の人と同じものが被るということもあり得ますよね。
別に同じ物が被ったところで困るということもないかとは思いますが、できれば別の物の方が良い気がしますよね。
また、仏壇に供える物についてですが、他の宗派だとお茶や水は供えないなんていうこともあるのですが、
日蓮宗ではそういったことも特にありませんので、飲み物を供えるというのも問題ありません。
基本的に御供物は一旦供えた後に参加者で分けていただくことになりますね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク