曹洞宗の七回忌法要について

曹洞宗の七回忌法要に参加することになった、ということになれば、そのマナーや作法については予め知っておいた方が良いでしょうね。
曹洞宗は仏教の一つであり、禅宗の一つの宗派となっています。
一般的な仏教の一つということでそれほど特別に意識するということはないかと思いますが、服装や香典などについてはやはり気になるところですよね。
曹洞宗を含む仏教では七回忌の法要の場合、香典を持っていくのであれば「御仏前」と表書きを書くことになります。
仏教の場合四十九日までは「御霊前」四十九日以降は「御仏前」となりますので七回忌なら「御仏前」ということですね。
服装についてもどんな物を着ていけばいいのか悩む方は多いかと思います。
七回忌ともなるともう亡くなってからそれなりに経過しているということもあって、それほど服装には厳しくありません。
だいたい三回忌くらいまでは略式の喪服という方が多いかと思いますが、七回忌なら地味目な服装なら私服でも良いくらいですね。
相手との関係もありますが、男性ならグレーなどのダークスーツ、女性なら地味なカラーのスーツやワンピースなら特に問題はないと言えるでしょう。
このように曹洞宗の七回忌法要はわりと一般的だと言えますね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク