真言宗での香典について

お葬式に参列する際というのはその作法、マナーについてはいろいろと気を使わなければいけませんよね。
宗教や宗派が違えばお葬式でのマナーはいろいろと変わってくるわけですから、相手に不快な思いをさせないためにも、自分が恥をかかないためにもその辺りはきっちり意識しておきたいですね。
お葬式でのマナーで注意したいポイントはいろいろとあるのですが、例えば香典というのもその一つでしょう。
お葬式で持っていく香典、特に気をつけたいのは香典を入れる袋に書く表書きですよね。
例えば仏教の一つである真言宗の場合ですが、一般的には御霊前と書くことになるかと思います。
同じ仏教でも浄土真宗の場合は御霊前は用いず「御仏前」と書かなくてはいけないのですが、
真言宗の場合は一般的な「御霊前」で問題ありません。
どちらかわからなくてごっちゃになったのであれば、どちらも仏教ですので御仏前と書いても間違いではないでしょう。
自分の名前は水引から少し下の中央部分で、裏面の左側に金額と自分の氏名、住所を書きましょう。
このあたりは真言宗に限った話ではありませんね。
こういった香典袋の書き方も大切なマナーですから、しっかりと確認して把握した上で用意しましょう。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク