家族葬を行った場合のハガキの連絡

家族の方が亡くなった場合に、最近だと家族葬という形で葬儀を行う方が増えています。
家族葬では基本的に家族の方以外は参列を遠慮しますので、家族以外の方については死亡したことや葬儀のことについては連絡をしないというケースもあります。
もちろん自然と知れてしまうこともありますからそういった場合は別ですが、
そこまで親しいというわけでもないくらいの関係の方などの場合は葬儀を行った後にハガキなどで亡くなったことを連絡します。
家族葬では弔問や香典は辞退するというのが一般的になっていますので、
亡くなったことが知られているという場合はその旨をハガキにも記載する必要があるでしょう。
葬儀が終わってからハガキを出すという場合には家族葬で行ったということを記載しましょう。
家族のみで葬儀をしたということを明記しておかないと、なぜ連絡してくれなかったのかと相手の方に思われてしまいますので注意が必要ですね。
また、そういった場合も後から香典やお花を送ってくるというケースがありますから、そういったものも遠慮するという旨は書いておいた方がよいかもしれません。
どういった文章のハガキを書くべきなのかはそういった例文がたくさんありますのでそれを参考にすると良いでしょう。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 家族葬 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク