家族葬でのトラブルについて

最近はお葬式の形として、故人の生前の希望や遺族の希望などで家族葬を行うというケースが多くなっています。
参列者を親族だけに限ることで費用面での負担が減ったり、あるいは精神的な面でも楽に葬儀を行えるというのが大きなメリットとなります。
しかし、そういったメリットがいろいろとある反面、家族葬にすることによるトラブルなんていうのもあるので注意が必要です。
家族葬によるトラブルの例としては、やはり参列できなかった方から不満が出る可能性があるということですね。
参列者を絞って葬儀を行うことになるわけですが、ではどこまでの人を呼ぶのかというのは難しい問題です。
親族であっても人数が多いとある程度のところで区切りが必要になりますが、親族なのに呼ばれなかったなんていうことでトラブルになることもあるわけですね。
また、親族以外でも生前故人と親しくしていた友人や知人であっても、葬儀に参列できないのはどういうことかと言い出す人もいるかもしれません。
家族葬というのはまだそこまで一般的に認知されているわけでもないので、理解してもらえないということもあるでしょう。
そういった方にも納得して貰えるようにきちんと家族葬とその内容について連絡することも大切ですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 家族葬 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク