法事でのネックレスについて

法事での服装のマナーは普段慣れないものですからその度にいろいろと考えなくてはいけませんよね。
女性の方であれば法事では黒のワンピースを着ることが多いかと思いますが、そこにネックレスをするのも一般的ですよね。
基本的にこういった時には女性はパールのネックレスをするのが一般的になっています。
しかし、だからと言って必ずしもネックレスをしなければいけないというわけではありません。
むしろ人によってはお葬式や法事では女性でもネックレスなどアクセサリーは一切身につけないという考えの方もいらっしゃいます。
もちろん実際には付けている方がたくさんいますし、正解というのはないですからこうしなければいけないという決まりはありません。
パールのネックレスを付けている方が多いのは、パールは涙を表現しているという解釈があるからですね。
ですからお葬式や法事では悲しみの表現としてパールのネックレスなら身につけても良い、と言われているわけですね。
安物のパールというのも多く、そんな物でも良いのかということもよく話題になりますが、
結局大切なのは気持ちではないでしょうか。
もちろん本物の方がキレイでしょうし誰かに見られても何も思われないでしょうけれど、そのために焦って買うくらいなら無くてもよいでしょう。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 服装・ネクタイ パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク