法事の際のネクタイの柄

法事の際の服装というのは
なかなか頭を悩ませるところですよね。

例えば男性というのは黒のスーツを着るのが常識ではありますが、
欠かせないアイテムとしてネクタイというものがありますよね。

お葬式やお通夜の際というのは真っ黒の柄の無いネクタイをする
というのが当然のことではありますが、
では法事の際になるとどうでしょうか?

一般的に法事というのは
葬儀と比べて服装というのも
それほどキッチリとしたスタイルではなくなっていきます

もちろん法事といったも初七日から四十九日、
そして一周忌、三回忌、七回忌と続いていき、
どの法事なのかによっても服装のマナーというのも変わってきます。

当然その中でネクタイの柄というのも
許されるところがあるわけですね。

一般的には7回忌以降というのは
参列者側は平服で参加するというのが普通で、
黒の喪服ではなくグレーや紺、こげ茶色などでも良くなります。

そうなるとやはりネクタイにしても黒のものでなく、
多少柄が入っているものでも問題ないということになりますね。

もちろん派手な柄のものというのは法事では避けるべきでしょう。

法事用のネクタイとして柄の入った物も売られているので、
そういった物を参考にしてみるのも良いですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 服装・ネクタイ タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク