家族葬でのトラブルについて

SponsoredLink

最近はお葬式の形として、故人の生前の希望や遺族の希望などで家族葬を行うというケースが多くなっています。
参列者を親族だけに限ることで費用面での負担が減ったり、あるいは精神的な面でも楽に葬儀を行えるというのが大きなメリットとなります。
しかし、そういったメリットがいろいろとある反面、家族葬にすることによるトラブルなんていうのもあるので注意が必要です。
家族葬によるトラブルの例としては、やはり参列できなかった方から不満が出る可能性があるということですね。
参列者を絞って葬儀を行うことになるわけですが、ではどこまでの人を呼ぶのかというのは難しい問題です。
親族であっても人数が多いとある程度のところで区切りが必要になりますが、親族なのに呼ばれなかったなんていうことでトラブルになることもあるわけですね。
また、親族以外でも生前故人と親しくしていた友人や知人であっても、葬儀に参列できないのはどういうことかと言い出す人もいるかもしれません。
家族葬というのはまだそこまで一般的に認知されているわけでもないので、理解してもらえないということもあるでしょう。
そういった方にも納得して貰えるようにきちんと家族葬とその内容について連絡することも大切ですね。

SponsoredLink
カテゴリー: 家族葬 | タグ: , , , , | 家族葬でのトラブルについて はコメントを受け付けていません。

上司の家族葬への参列について

会社の上司のご家族が亡くなったので葬儀を行うという際に、部下としては参列をするものかどうかというのは悩むところですよね。
直接の上司ということであれば参列することもあるかと思いますが、
最近だと葬儀の形として家族葬を選ぶ方というのも増えていますよね。
もし上司のご家族の葬儀が家族葬だという場合は部下としては参列すべきなのか、どうなのでしょうか。
まず家族葬というのは一般的には家族だけで行う葬儀のことですから、会社の関係者などは参列しないものと考えてよいでしょう。
ただ家族葬という言葉の定義ははっきり決まっているわけではないので、いろんなケースもあるかと思います。
基本的には家族、親族のみで葬儀を行うことで費用面での負担を減らすというのがメリットですから、
案内などについても葬儀への参列は遠慮願うという旨が書かれているのではないかと思います。
そういったことが書かれていなかったとしても、家族葬ということであれば弔問や香典についてはしないというのが一般的でしょうね。
もちろん直接参列してくれと言われれば話は別ですし、亡くなった方と個人的に親しい仲だったなどという場合であれば弔問に行ってもよいか確認してみるとよいでしょう。

カテゴリー: 家族葬 | タグ: , , , , | 上司の家族葬への参列について はコメントを受け付けていません。

生まれたばかりの赤ちゃんの家族葬

残念なことではありますが、生まれてすぐに亡くなってしまう赤ちゃんというのもいますよね。
あまりに早く亡くなってしまった場合だとお葬式を行うのかどうか悩むこともあるかと思います。
本当に生まれたばかりの赤ちゃんであっても親や家族からすれば生まれてきた家族の一員なわけですから葬儀を行いたいという方もいらっしゃるでしょう。
そういう場合には家族葬という形で行うのも一つの選択肢かと思います。
生まれたばかりの赤ちゃんということになれば、当然友人だったり知人だったりといった人はいないわけですから、
当然葬儀をするなら参列するのは家族だけということになるので、言うまでも無く家族葬ということにはなるかとは思いますが、
要は一般的に行われるような葬儀ではなく、家族だけで規模の小さい葬儀を行う、といういことですね。
最近では葬儀会社でも家族葬を広く扱っているということもあり、そういった生まれてすぐの赤ちゃんの葬儀を扱っている葬儀会社もあります。
もちろん葬儀会社を利用するということはそれなりに費用もかかりますが、
生まれたばかりでも大切な赤ちゃんのことをを思うなら業者に依頼してしっかりした葬儀を行いたいというのもおかしなことではないでしょう。

カテゴリー: 家族葬 | タグ: , , , , | 生まれたばかりの赤ちゃんの家族葬 はコメントを受け付けていません。

家族葬を行った場合のハガキの連絡

家族の方が亡くなった場合に、最近だと家族葬という形で葬儀を行う方が増えています。
家族葬では基本的に家族の方以外は参列を遠慮しますので、家族以外の方については死亡したことや葬儀のことについては連絡をしないというケースもあります。
もちろん自然と知れてしまうこともありますからそういった場合は別ですが、
そこまで親しいというわけでもないくらいの関係の方などの場合は葬儀を行った後にハガキなどで亡くなったことを連絡します。
家族葬では弔問や香典は辞退するというのが一般的になっていますので、
亡くなったことが知られているという場合はその旨をハガキにも記載する必要があるでしょう。
葬儀が終わってからハガキを出すという場合には家族葬で行ったということを記載しましょう。
家族のみで葬儀をしたということを明記しておかないと、なぜ連絡してくれなかったのかと相手の方に思われてしまいますので注意が必要ですね。
また、そういった場合も後から香典やお花を送ってくるというケースがありますから、そういったものも遠慮するという旨は書いておいた方がよいかもしれません。
どういった文章のハガキを書くべきなのかはそういった例文がたくさんありますのでそれを参考にすると良いでしょう。

カテゴリー: 家族葬 | タグ: , , , , | 家族葬を行った場合のハガキの連絡 はコメントを受け付けていません。

浄土真宗の一周忌について

法事というのはその宗教や宗派によって微妙に異なるものですよね。
それによって作法や用意などが変わってくるわけですから、参加する際には予め知っておきたいところですね。
例えば浄土真宗の一周忌の場合はどういいった内容になるのでしょうか。
一周忌というと亡くなった方の命日から万一年が経過したその日のことを指します。
浄土真宗は仏教のうちの一つということになりますが、
浄土真宗の一周忌ということで他の宗派と特に異なるところとなると、例えば卒塔婆についてというところがあります。
卒塔婆というのは故人の供養のためにお墓につけてもらう板のようなものなのですが、
これは浄土真宗では基本的に用いることはありません。
卒塔婆を立ててもらう場合には卒塔婆料としてお寺にある程度のお金を払うことになるわけですが、
これは必要がないということになりますね。
また、お坊さんに対する呼び方ですが、一般的には和尚様、御尊師様などと呼ぶのが普通です。
浄土真宗ではご院家様と呼ぶこともあるようですが、これは地方などによっても変わってくるため、
和尚様や御尊師様と呼ぶのが間違いなく、無難だと言えるでしょうね。
他には特に一周忌で変わった部分というのはなさそうですね。

カテゴリー: 各宗教・宗派による法事 | タグ: , , , , | 浄土真宗の一周忌について はコメントを受け付けていません。