法事、23回忌での服装について

23回忌の法事ではどんな服装が望ましいのか?

そんな疑問をお持ちの方というのもいらっしゃるかもしれませんね。

お葬式の場合であれば当然喪服を着るというのは常識なのですが、
その後の法事となると服装が変化するため、
慣れない方というのは難しいところです

一般的に、年忌法要の法事の場合というのは
回を重ねるごとに喪が薄れていくものであり、
服装というのも徐々に軽いものへと変わっていきます。

一周忌や三回忌というのはまだ施主側は喪服、
それ以外の方は略式礼服といった服装ではありますが、
七回忌以降になると施主は略式礼服、参列者は平服になります。

23回忌ともなるともう亡くなられてから
22年も経過しているということになりますから、
服装に関しても施主側にしろ参列者にしろ
よほど派手な服装でなければ問題ないのではないでしょうか。

そもそも23回忌などの段階では
かなり近しい親族しか参加していないでしょうから、
非常に簡単に済ますことも多いですし、多少ラフな服装をしていたとしても、
とやかく言う人というのはまずいないでしょう。

もちろんお寺の方を読んで法事をするということになれば、
お寺の方に失礼のないようにはしなければいけませんので、
最低限のマナーはわきまえましょう

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 服装・ネクタイ タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク