法事での女性の服装について

お葬式の時と違って法事の時の服装はよく考えなくてはいけませんよね。
男性の方の場合だとスーツというのがお決まりですが、女性の方の場合だと服装の選択肢もいくつかあるかと思います。
まず法事とは言っても49日や一周忌、三回忌、七回忌などいろんな法事がありますよね。
基本的には亡くなってから年月が経つにしたがって服装もカジュアルになっていきます。
49日や一周忌の段階であれば女性はお葬式の時とほぼ同じような服装で問題ないでしょう。
黒いワンピースあるいはスーツやアンサンブルに靴やストッキングも黒というスタイルですね。
アクセサリーについては基本的にしないのが一般的ですが、するとすればパール(真珠)のネックレスやピアス、イヤリングといったところでしょう。
パールは涙を表すとしてお葬式や法事で付けていても問題ないアクセサリーとされています。
三回忌以降の法事ということになると女性の服装もそろそろ真っ黒だとちょっと場違いかもしれません。
黒でも問題ないですが、グレーや濃紺の服でも良いでしょう。
それ以降は案内などで「平服で」と書かれているかもしれませんが、あまりカジュアルすぎるのは問題ですので、派手すぎない落ち着いた色の無地の服装が望ましいでしょうね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 服装・ネクタイ パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク