法事でのスーツのボタンについて

法事に参加する際にはその服装についても気を配る必要がありますよね。
男性の方の場合だと基本的にスーツを着ることになるかと思いますが、どんなスーツでも良いかというとそういうわけでもないでしょうし、
スーツを着ていたとしてもその着方にもいろいろとあるでしょう。
お葬式の際であったり法事でも49日や一周忌であれば多くの方はブラックの喪服を着ていくかと思います。
黒のスーツでボタンが2つのものや3つのものがありますよね。
法事に着ていくスーツとしてはどちらが望ましいのかで悩む、なんて言う方もいるかもしれませんね。
ですが基本的にボタンは2つでも3つでもどちらでも問題はありません。
また、ボタンは全部留めておかないといけないの?なんていう疑問もあるかもしれませんが、そういったこともありません。
スーツは型崩れを防ぐために一番下のボタンは外すという週間があります。
外していたからといって失礼だということにはならないでしょうし、逆に全部留めていたとしても別にマナーが良いとも悪いともどちらということもありません。
ですから法事では特にスーツのボタンについてあれこれと悩むというようなことはないでしょうね。
もちろん全部留めずに開けておくなんていうのは論外ですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 服装・ネクタイ パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク