法事でのワイシャツについて

法事の際の服装のマナーというのはいろいろと気をつけなければいけない部分というのがあるかと思います。
法事では一般的に喪服ということで黒いスーツを着るのは常識だと思いますが、
中に着るワイシャツについてはあまり話題になることはありませんよね。
基本的に法事で着るワイシャツは白だというのは誰でもわかっていることだとは思います。
しかし、白だったらなんでも良いのかというとそういうわけでもありません。
例えば白だったとしてもキラキラと光沢があるような素材の物だと法事にはふさわしくないですよね。
また、白でもよく見ると柄が入っているようなワイシャツというのもありますが、
それもやはりNGということになるでしょう。
やはり法事に着ていくのであれば無地の白いワイシャツということになるでしょう。
白と言っても微妙に色みが違ったりすることはあるかと思いますが、
お葬式ではなく法事ということであればそれほど神経質に色を吟味することもないでしょう。
また、シングルカフスやダブルカフスといった違いもあるかと思いますが、これはどちらの場合でも良いようですね。
ただしダブルカフスの場合だとカフスボタンは黒が望ましいとされているようですね。
なんにしてもワイシャツはシンプルで目立たない物が良いということです。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 服装・ネクタイ パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク