49日の法事での香典の金額は

親戚や知人・友人の49日の法事があるということで参加しなければいけないということになった場合、
香典の金額はどのくらいが普通なのか、という疑問も多いのではないでしょうか。
こういった法事でいくらぐらいの金額を持参すれば良いのかというのは多くの人が頭を悩ませるところですよね。
あまり多すぎても気を遣わせてしまう可能性がありますし、そもそもたくさん出費するのは痛いという方も多いでしょう。
しかしだからと言って少なすぎても恥をかくことになるのは嫌だという方も多いはずです。
49日の法事ということになればだいたい一般的には1万円という方が多いようです。
もちろん個人との関係性によっても変わってくるでしょうけれど、食事代やお返しの代金ということを考えるのであれば1万円が無難でしょう。
49日の法事だと参加すれば食事をしてお酒を飲んでということがあるでしょうから、それの代金と考えるのが一般的だというわけですね。
ただもちろんこういった香典の金額というのは気持ちのものなわけですから、いくら持っていけば良いという正解というのはありません。
当然受け取った側からしても相場が1万円だからといってそれ以下だった時に金額が少なすぎるなんて言うのはおかしな話というわけですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 香典・お返し パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク