法事でのご仏前相場とは

お葬式の際にある程度の金額を持参する事を香典といいますが、
法事の際にも同様に香典を持参します

法事の際の香典はご仏前とも呼ばれ、
のし袋にも『御仏前』と書くことになります。

昔であれば法事の際には
お菓子やフルーツ、あるいはろうそくや線香などを持参して、御供えとしていたのですが、
最近はこれを現金とする場合が多くなっています

そのため御供物料とも呼ばれますね。

気になるのはやはりご仏前にはいくら包むのかという相場ですよね。

あまり相場とかけはなれた金額を持参してしまうと
失礼だったり恥をかくことにもなります

大金を包めば問題ないかと思われるかもしれませんが、
金額が大きすぎると相手に気を遣わせるのでやはりよくないですね。

しかし実際にこのご仏前の相場とは言っても、
故人との関係性というのにも左右されます。

親族であるかどうか、友人ならどれぐらいの親交の深さなのか、
あるいは年齢といったものにもよってくるでしょう。

だいたいの相場としては5千円から2万円程度で、
関係が深くなれば当然金額も大きくなるということになりますね。

どうしようかと迷うくらいの関係性なのであれば
とりあえず1万円というのがひとつの目安になるかとは思います。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 香典・お返し タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク