法事に持参する供物料について

法事に招かれた際というのは香典を持っていくことになりますね。

昔は御供えものとしてろうそくや線香、故人が生前好きだったお菓子や果物、花などを持参するものだったのですが、最近では法事の際には供物料として現金を持参するというのが一般的になっていますね。

やはり多くの方が気になるのはこの供物料というのはいくらぐらい持っていくものなのか、ということですね。

だいたい供物料の相場というのは1万円程度だとされています。

故人との関係によって上下するかと思いますが、五千円から二万円の間だと考えておけばよいでしょう

この供物料というのは御供え物の代わりであると同時に、法事で行われるお斎という会食の食事代も含まれています

ですから、法事が行われる度に毎回払うというのが常識です。

渡す際には当然のしのついた袋に入れることになります

水引については地域によって違いがありますが黒と白のもの、もしくは黄色と白のものになるでしょう。

表書きについては『御霊前』、『御仏前』などありますが、『御供物料』とするのが無難だと思われます。

中には法事に招待はされたけれど事情が会って参列できないという方もいるでしょう。

その場合も招待されたからには供物料を現金書留で送るというのが一般的です。

その場合は食事はいただかないので少なめの金額ということになります。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 香典・お返し タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク