法事では新札?古札?

法事の際に持参する香典や御仏前についてですが、中に入れるお札は新札じゃないといけないの?なんていう疑問も非常に多いようですね。
こういったことは間違ったことをするとマナーがなっていないとか、失礼だなんて思われることもありますからキッチリしておきたいものです。
結婚式などお祝いごとの際に新札を使うということは一般的にも知られていることでしょうから問題ないでしょうけれど、
そうなるとお祝いごとではなく逆に不祝儀の場合にはどうするのか悩むところですよね。
お祝いではないので新札を避けるべきというようにも考えられますし、人に渡すお金に古いお札では失礼ではないか?という考えもあるでしょう。
これについてはハッキリとした正解というのはありません。
そもそもマナーというのは正解がないものですよね。
ですが一般的には法事で渡す香典などのお金は古札ということになっているようです。
だからといってクシャクシャになったお札を渡すのもどうか、ということで多くの方がやっているのが新札を一度折って折り目をつけて再度広げた物を使うという方法です。
これなら新札ではなくなっていますし、それでいて実際に使用したクシャクシャのお札でもないという上手な方法ですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 香典・お返し パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク