法事で使うろうそくの色について

法事をする際にはいろいろと準備をしなければいけないこともあるかと思いますが、
例えば法事で使うろうそくを用意しなければいけないなんてこともあるかもしれませんね。
しかし、法事で使うろうそくには白と赤の二種類のろうそくがあり、どちらの色をどの様に使えばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
一般の人で法事について詳しい人なんていうのはそうそういないでしょうからろうそくの色の違いなんてわからないのが普通かもしれませんね。
ろうそくの色の赤と白の使いわけについてですが、これは宗派やあるいは地方などによっても異なっているので絶対にこうだとは言えません。
しかし多くの場合によってお葬式から3回忌までの法事の際には白のろうそくを使い、
7回忌以降の年忌法要の際には赤のろうそくを使うというように色を使い分けるそうです。
また、法事の際にはろうそくに限らず、花やお供え物についても3回忌までは赤を避けて飾ったりするようです。
自分の住んでいる地域だったり宗派だったりの場合にはどうなるのかわからないということであれば、
年配の方に聞いてみたり、あるいはお坊さんに聞いてみれば詳しく教えてくれるでしょうから事前に確認しておくと良いですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 基礎知識 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク