法事、一周忌の香典について

法事に招待された場合というのは、手ぶらで行くわけにはいきません。

必ず香典というものを持っていくことになりますね。

法事の際は香典というより御供え物、もしくは御供え物料ということになるでしょう。

昔はお菓子や花、ろうそくや線香などといったものを御供えとして持参するものでしたが、最近は香典のように御供え物料として現金を持参するというのが一般的になっています。

この御供え物料について、例えば一周忌の際というのはどの程度の金額を持って行くべきなのでしょうか。

一般的に一周忌の際の香典の相場としてはだいたい1万円程度が相場となっています。

法事の時には読経などの後に会食をすることになるかと思いますが、その会食の食事代と引き出物料とを合わせた金額が1万円ということですね。

あくまで相場ですので、故人との関係や地域の風習などによっては2万円だったり3万円だったりすることもあるでしょう

ただあまりに高額すぎても相手に気を遣わせることにもなりますから、たくさん包めば良いというものでもありませんね

また、もし法事に招待はされたけれど、どうしても事情があって出席できないという場合。

現金書留で香典を送るということになるかと思いますが、この場合は食事に参加しないので、食事代は引いて考えると良いでしょう。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク