法事の座席順について

法事の際というのはお寺の方の読経などといった法要が終わった後に、参列者と共に食事会をするというのが一般的ですよね。

しかしその時に施主の頭を悩ませることの一つが座席についてですよね。

まさか参列者に自由に座ってももらうというわけにもいきません。

法事というと親戚はもちろん故人の友人だったり知人だったりと様々な人が多く参列するわけですから、予めそれなりに座席を決めておきたいものです。

座席というと上座だったり下座だったりというものがありますから、施主とそれ以外のお客さんという立場ではやはりお客さんが上座につくというのが望ましいでしょう。

会食をする場合には庭が見える側がお客さんの席にするなどといった配慮もありますね

また、お寺のお坊さんが会食に参加するという場合もその座席を用意する必要がありますね

座席を決めるということえ予め座席札を用意してくという必要も出てきます

地方によっては座席札を用意するのは失礼にあたるという場合もあれば、当然席札を用意してスムーズに案内するべきであるという場合もあるようです。

できれば年配のかただったりお寺の方だったりにその地域や宗派のしきたりやマナーというのを確認しておくというのが無難でしょうね

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 準備・案内 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク