法事で付けて良い指輪とは

法事に参加する際というのはいろんな細かいマナーというものがあります

うっかりマナーを破ってしまうと恥をかいたり失礼にあたったりということがありますので、いろいろと気をつけないといけないことがたくさんあります

例えば身に付けるアクセサリー、指輪についても注意が必要です。

普段何気なく身につけている指輪というのも法事の際というのは外さなければいけません

法事の際に付けていても良いとされているのは結婚指輪、もしくはパールの指輪だとされています。

また、結婚指輪にしても極端に派手な物の場合は避けた方が良いでしょう。

法事の際というのは服装にしてもアクセサリー、小物にしてもキラキラ光る物というのは避けるべきで、結婚指輪にダイヤなどが入っているとそれが良くないとされます。

そういった場合、ダイヤが入っている部分を内側にして付けておくという方法もあります

つまり、手に平の方に回して光る部分を見えないようにするという状態ですね。

なぜパールだけは良いのか、と疑問に思われる方もいらっしゃるかとは思いますが、これはパールは涙の象徴であるとされていることから、お葬式や通夜、法事などの際にはパールのアクセサリーなら良いとされているわけですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 服装・ネクタイ タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク