法事の際は友引を避けるべき?

法事を執り行う際に、日程を決めるというのも気を使うものですよね。

できれば命日のその日に法事を行うのが良いとされてはいますが、現代ではお仕事があって参加が難しくなる方が多くなるため、命日よりも前の日付で週末に行われるというのが一般的となっていますね

しかしそこで一つ気になるのが友引は避けべきなのかどうかということですね。

お葬式の場合というのは友引は避けるべきだと言う方が多いですよね。

これは「友を引く」ということで友人にも不幸があるということで避けるべきだと言われています。

しかし、法事の場合は一般的に友引を避けるということは言われてはいませんね。

そもそも友引や仏滅、大安などという六曜は仏教とは関係ないとされていますので、気にしないのであればいつ行なっても全く問題ないとも言うことができます。

しかし、もし法事に参加される親族などの方がそういったことにうるさく、友引は絶対避けるべきだと主張するようであれば、逆にかたくなに友引に法事をするような理由というのもないわけですから、その通りにしておけば無難ですし、後々面倒がなくて良いのではないでしょうか。

そういった事情が無ければ仕事など都合が良い日を選ぶのが良いでしょうね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 準備・案内 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク