法事と大安や仏滅の関係は?

大安や仏滅の日というのは法事は避けるべきなのか?

法事についてあまり慣れていない方や
詳しく知らない方にとってはこういった疑問は非常に多いようですね。

確かに日本で大安や仏滅という『六曜』を重視する方が多く、
結婚式は大安に行う、あるいは友引の日はお葬式は避ける、
なんていう風習がありますね。

しかし、実際のところ
なぜ結婚式やお葬式の時だけそんなに六曜を意識するのでしょうか。

普段全く気にしていない六曜を縁起が良いから、悪いからということで
行事の時だけ気にするというのもおかしな話しですね。

そもそも六曜というのは中国から比較的最近になって入ってきたものであり、
仏教とは全く関連性のないものなのです。

仏滅という日があるために仏教とも関係があると思われがちではありますが、
基本的に関係ありません。

ですから、昔は六曜なんていうものはありませんでしたし、
そういう意味では昔の仏教徒の人達は大安だろうが仏滅だろうが
お葬式も結婚式も法事も関係なしに行なっていたというわけですね。

ですから法事を仏教の行事だと捉えるのであれば
大安や仏滅を気にする必要はないのではないでしょうか。

一般的にも仏滅だから法事をしないというのはあまり聞きませんね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 準備・案内 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク