49日の法事の挨拶

49日などの法事の際は施主の方はいろいろと準備をしなくてはいけませんが、そんな中でも人によっては非常に大変なのが挨拶をしなくてはいけないということですね。

法事というといろいろとありますが、49日の法事の際というのももちろん挨拶をすることになります

どのタイミングで行うのかということなのですが、基本的にはお寺さんの読経など法要が終わった後の会食を始める際に、始めの挨拶としておこなうこととなります。

ただ単に会食を始めるための挨拶というわけではなく、参列してくれた方々にたいするお礼という意味での挨拶ということになります。

内容としてはまずは49日の法要にお越しいただきありがとうございますといった言葉から始まり、
皆様のお陰で無事49日を迎えることができました

そして簡単に故人の思い出などを語ったり、今後についての前向きな言葉などを織り交ぜて、あまり長くならないように簡潔にまとめて話すようにしましょう

そして、時間を見計らって会食が終わった際にも挨拶をすることとなります

終わった後の場合は本当に簡潔でありがとうございしたと感謝の意を述べ、その日一日の法事の締めくくりの言葉とするのが良いのではないでしょうか。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 準備・案内 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク