法事に送る電報について

法事に案内をされたが、どうしても事情があって参加できない、ということは少なくないかと思います。

基本的に近い親族の場合であればよほど特別な事情でも無い限りは仕事を休んでも参加するべきだとは思いますが、どうしても休むことができない仕事というのもあるでしょうし、あまり深い関係のない知人なんかの場合であれば参加するのも微妙だという方もいるでしょう

そういった場合は法事への案内に対して丁寧にお断りするのはもちろんですが、併せて電報を打つというのも一つの方法ですね。

やはりただ断るというだけでは断った方もこれで良かったのかとモヤモヤする方もいるでしょうから、電報一つでも送っておけばそういった気分もなくなるのではないでしょうか。

施主側の方にしても法事で電報をもらうというのは悪い気にはならないでしょう。

法事の際の電報ではどのような文章が良いのかということですが、あまり長々とした文章を送るというのはおかしいですから、お悔やみの文章と簡単な思い出、あるいは参列できないお詫びなど、簡潔にまとめて100文字以内でというのが良いでしょうね。

そういった文例なども検索すれば見つかるでしょうから参考にしてみるのも良いでしょう。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 準備・案内 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク