法事での施主の挨拶について

法事を行う際には事前にいろいろと準備をすることになるかと思いますが、当日も施主の方はなにかと大変ですよね。
例えば挨拶というのも施主の方は行わなくてはいけません。
もし法事はごくごく身内の中だけで行うということであれば必要ないかもしれませんが、
それなりに親戚や知人などを集めて行うということになれば当然施主の方が参列してくれた人に対して挨拶をしなくてはいけないでしょう。
普段そういうことに慣れていない方だと緊張しますし、何を喋ればいいのかわからないかと思いますが、
今は便利なものでネットで探してみれば挨拶の例文なんていうのもたくさん出てきますから、それを参考に考えてみると良いでしょう。
法事での挨拶では基本的に参列してくれた方に対するお礼と、故人の話し、そして最後には今後もよろしくお願いします、で再度お礼というのが一般的ですね。
別に長々と話しをする必要もありませんから、集まってくれた事に対してお礼さえ言っておけばそれで問題ないでしょう。
もちろんネットにあるような例文をそのまま喋るのではなく、自分の言葉でアレンジして話すようにしましょう。
読みながらというのは恥ずかしいですから、ちゃんと頭の中で覚えて話せるようにしておくのが望ましいですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 準備・案内 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク