法事ではどこまで呼ぶのか

法事に呼ばれた際、あるいは法事を執り行う際というのはどこまで参加するのか、どこまで呼べばよいのかというのは迷うところですね。

どこまでというのは故人との関係性ということで、近い親族であれば参加するのは当然のことだとは思いますが、法事というのは一回だけでなく数年ごとに行うもので、どの法事かというのにもよるでしょうね。

お葬式やお通夜というのは親族はもちろん、友人、知人、あるいは勤め先など広く招待することになるでしょうし、逆に招待された場合というのはよほどの事でもない限り参列することになるでしょう

悩むのは法事の際にはどこまで声をかければよいのかということですよね。

これは当然人によるのでしょうけれど、法事については基本的に親族だけで行うということが多いですね。

近所付き合いが密接な地域だったり、非常に親しい友人の方なんかだと一周忌や三回忌などには声をかけるのも良いかと思いますが、遠方だったりすると逆に迷惑をかけたりすることもあるのでよく考え方が良いでしょうね。

また、逆に声をかけられた場合はどのあたりの関係まで参加するのか、ということなのですが、基本的に声をかけられたら特別な用事でも無い限り参加するものです。

事情があって参加できない場合も丁寧に欠席の連絡をしましょう。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク