法事での「乾杯」について

法事の際のマナーというのは非常に大切なものですよね。
最近の若い人からすれば法事でのマナーなんてほとんど気にしないという方も多いかと思いますが、
年配の方だったりキッチリした方だとやはりマナーには厳しい方も多いことでしょう。
例えば法事の際に乾杯の音頭をとらなくてはいけないという方もいるでしょう。
基本的に個人の配偶者の方だったりお子さんだったりがするかと思いますが、
法事の際には「乾杯」とは言わないことには注意しなくてはいけませんね。
法事の際というのはめでたいことではありませんので「乾杯」ではなく「献杯」ということになります。
若い人や細かいことは気にしない人であれば「乾杯」と言ってもどうということはないでしょうけれど、
マナーや吉凶に厳しい方の場合だとそういったちょっとした一言でも気にして注意されることもあるかもしれません。
ですからこういったほんの一文字、一言の違いであっても予め知っておいて注意するにこしたことはないでしょう。
ちなみに献杯というのは個人を悼んで杯を捧げる際に使う言葉であり、意味としては「乾杯」と同じだと言えます。
ですが意味は同じでも葬儀や法事の際には「献杯」を使うので覚えておきましょう。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 基礎知識 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク